ブラジリアンワックス

おすすめのブラジリアンワックス!処理の仕方や特徴を知ろう

自宅でもできるようになったブラジリアンワックスはセルフケア処理としておすすめの方法といわれています。実際に行った方も多いと思いますが、使ったことがない人からすると道の世界です。

ブラジリアンワックスの特徴や処理の仕方など理解しておきましょう。

おすすめのブラジリアンワックスとはどういう処理なのか

おすすめのブラジリアンワックスですが、まず一つ、知っておくべきことがあります。この処理は永久脱毛ではない事です。

永久脱毛と呼べるのはニードル脱毛とレーザー脱毛のみ、ブラジリアンワックスの場合は、VIOラインの「除毛」処理の一種です。

処理してしまえば二度と生えてこないレーザー脱毛や光脱毛よりも気軽でおすすめできる方法といえます。

このワックスが出始めの頃には、ブラジリアンワックスを行っているエステなどにいかなければ利用できませんでしたが、現在は購入し、自宅で利用できるようになっています。

VIOラインの毛を処理する時、人に見られるのは恥ずかしいという人にもおすすめできる処理です。ワックスをVラインなどに塗布し、乾いたら一気に剥がし除毛します。

おすすめのブラジリアンワックスの種類は2つ

ブラジリアンワックスはVIOラインを除毛する処理です。ストリップワックスと呼ばれるものとハードワックスと呼ばれるものがあります。

ストリップワックスはワックスとストリップシートという不繊布を利用するもので、ハードワックスは不繊布を利用せず、ワックスが固まるのを待って引きはがします。

なれていない人、またVラインをデザインしたい人は、少しずつワックスを塗って、狭い範囲の処理を繰り返す方法をおすすめします。ハードワックスは処理したい部位にブラジリアンワックスを塗って固まるのを待ち、ワックスそのものを一気に引きはがします。

ストリップワックスは脱毛したい箇所にワックスを塗ってそこに不繊布をはりワックスと不繊布を一気に引きはがします。ハイジニーナにする人も最初は狭い範囲から処理する事をおすすめします。

おすすめのブラジリアンワックスの脱毛持続期間について

おすすめのブラジリアンワックスですが、処理してからどのくらいの期間もつのでしょうか。

ブラジリアンワックスでつるつる状態を維持できる期間はだいたい2週間から3週間といわれています。

人によって毛の濃さ、また毛周期も違うのでもっと早く出てくることもありますが、一般的にはこのくらいの期間、きれいな状態でいられると考えておきましょう。

肌のためにもこのくらい期間を置く方が安心です。1㎝以上伸びたムダ毛がないのに処理しても、肌に負担をかけるだけになります。少し毛が出てきてもせめて2週間、できれば3週間間を開けて処理する方が肌のためにも安心です。

肌が弱い人や、3週間しても伸びている毛が見えないということなら無理に行う必要はありません。毛が伸びて1㎝くらいになってから処理すればいいのです。

ブラジリアンワックスをしたら肌ケアをするのがおすすめ

ブラジリアンワックスを行ったら保湿など肌ケアすることをおすすめします。ブラジリアンワックスは成長途中の毛をワックスにくっつけて無理に引きはがす方法です。

きれいに処理できても肌には大きな負担がかかっています。肌が弱い人はヒリヒリと痛くなることもありますし、赤く炎症を起こしたような色になることもあります。

ブラジリアンワックスを行った当日は肌が無理やり引っ張られているので、熱を持った状態になっているので、浴槽につからずシャワーのみのお風呂にすることをおすすめします。

体を洗う際にもごしごしこすらず、石鹸やボディソープを泡立て優しく丁寧に洗います。当日浴槽に使たっり、スポーツをするなど体内の体温が上がることはさけ、静かに過ごすほうがいいでしょう。

ブラジリアンワックスは継続がおすすめ

ブラジリアンワックスは1回で終わらせることなく、継続的に処理する事をおすすめします。ムダ毛が一気に抜けてつるつるになりますが、定期的に処理すると、つるつるの状態を維持できます。

またVIOラインのムダ毛は硬く太く縮れていますが、ブラジリアンワックスを継続的に行うことで毛質が産毛のように変化する人もいます。

ブラジリアンワックスを行ってから次に行うまでの期間ですが、1ヶ月くらいのスパンで行うことをおすすめします。1㎝くらいの長さがないときれいに除毛処理できないからです。

短いとワックスが毛を除去できず無駄になります。また、肌にも負担をかけてしまうので、1ヶ月くらいの期間を開けて処理する方が肌にも負担をかけずに済みます。

おすすめのブラジリアンワックスの前に!自分の予定を把握することも必要

ブラジリアンワックスはおすすめの除毛方法となりますが、ワックスを肌につけてムダ毛を一気に引き抜く処理になるので、肌には負担がかかります。

肌トラブルが全くない人でも、ブラジリアンワックスを行った当日はちょっと赤くなったり、ヒリヒリすると感じることもあるのです。肌が弱い人はかゆみが出たり、ちょっと炎症に近い状態になるかもしれません。

ワックス当日、お友達と温泉に行くとか、プールに行くとなると、普段よりかなり敏感になっているので炎症が進ことも考えられます。

ブラジリアンワックスを行う前に、当日、また翌日、プールや温泉などに行く計画がないか、確認することも重要です。できればこうした4日から5日くらい前に処理を終えておくことをおすすめします。

ブラジリアンワックスがおすすめできる理由・・処理しにくい毛を自分で処理できる

実はレーザー脱毛や光脱毛を受けて、その後、ブラジリアンワックスを利用するのもおすすめです。光脱毛やレーザー脱毛でもVIOラインの場合、脱毛しきれないこともあるのです。

メラニン色素に反応するレーザーや光を利用して処理するため、VIOラインの色素沈着が激しい人はその部位のみ処理できない事もあります。

処理しきれなかった部位をブラジリアンワックスで除毛すれば、よりつるつるなVIOラインとなるのです。粘膜に近い部分は特に色素沈着が強いこともあり、処理できずに残っているところもあります。

こうした残った部位に、ブラジリアンワックスを利用すればまた脱毛処理に通うこともなくVIOラインをつるつるにできるのでおすすめです。

ブラジリアンワックスはオーガニックな除毛処理としておすすめできる

古くから女性は体毛の処理に頭を悩ませてきました。日本では平安時代から剃ったり抜いたりしていた歴史がありますし、江戸時代には木の実と油、軽石を粉にしたものを混ぜて除毛剤を作り利用していたといいます。

世界三大美女に数えられるエジプトのクレオパトラは、すでにブラジリアンワックスと同じような方法で除毛処理していたといわれています。

ブラジリアンワックスははちみつから作られているもので、実は非常にオーガニックな除毛処理となるのです。機械や化学的な物質を使う処理ではなく、自然のものを利用した処理となるため、自然環境にも優しいおすすめの方法といえます。

機械処理や薬品を使った処理をしたくないという人にもおすすめできる方法なのです。

ブラジリアンワックスは衛生面から見てもおすすめの方法

女性の場合はほぼ月に1回、生理があります。頭痛がしたりお腹が痛くなったり、完全に寝込んでしまう人もいるくらい生理が重い人も多いです。また生理中は経血のニオイが気になるという人も多いです。

VIOラインに限らず毛は体内に細菌が入らないように自分のところでとどめておくという役割を持っているため雑菌が多い場所です。そこに経血が付きニオイがきつくなることもあります。

ニオイが気になるという人にもこの処理はおすすめです。

ブラジリアンワックスで処理する場合、ハイジニーナ(無毛処理)にするか、IラインやOラインの毛をなくしてVラインを整えるという人もいます。

ブラジリアンワックスによって毛を少なくしたり、無毛にすることで雑菌の繁殖を予防しニオイを抑制する効果もあるのです。ブラジリアンワックスはこうした女性の悩みを改善するためにもおすすめの方法です。

おすすめのブラジリアンワックスで自分に自信を持とう

VIOラインのムダ毛を処理したい、でもサロンやクリニックで人に見られるのは嫌という人におすすめのブラジリアンワックスは、慣れると簡単にできるようになりますし、毛抜きなどよりも手間のないセルフ処理といえます。

VIOラインの毛が濃くコンプレックスとなっている人もいますが、ブラジリアンワックスで処理すればコンプレックスを払しょくできます。

RELATED POST